2004年11月

前に、
「おたく」の精神史 一九八〇年代論というのを読んでいたが、
また偶然に大塚英志さんの本にぶつかってしまった。


物語消滅論―キャラクター化する「私」、イデオロギー化する「物語」

よくよく読んでみて気付いたのだが、

多重人格探偵サイコ (10)の原作者だったのね。
あと、最近本屋でサイコとならんで出ている

黒鷺死体宅配便 (4)
も彼のアイデアから創出されたものだった。

ん〜読んでみようかなぁ。

今日の3時に北海道釧路で大きな地震があった、と
5時にスタートしたJ-waveのニュースで知った。
目覚まし代わりにつけていたのに、バットニュースからスタートとは…

今日の札幌での授業もちゃんとスタートするのかなぁ?
もう少ししたら電話してみよ。

『毎日3分・英作文しゃべれば英会話』

ご縁があって、英語の先生とお知り合いになりました。
その先生のメールマガジン発行のお手伝いをしています。
朝日カルチャーで一番長く教えている先生です。
ぜひともご購読を!

電子メールアドレス(半角):

先生の著書↓

合本・英語は書けなければならない―感動の英作文


こうすれば書ける技術英語―ビジネスマンのための英作文すいすいマスター術


動詞で決まる技術英語

ようやくハリポタ「不死鳥の騎士団」を読み始めました。
前の巻の話を忘れていて、どう繋がっていたか思い出しながら
徐々に読み進めています。
登場人物が多くなってきて、名前と関係が分かりづらくなってます。
年かなぁ…

新札が出ました。 え、話題が遅い?
みんな考える事はよく似ていて、出版業界もご多分に漏れず泥鰌ねらいです。
立ち読みで書棚を眺めていると、気付いたわけですな。


野口英世の生きかた

英世さんは、伝記がたくさんあるので改めて説明の必要は無いと思います。
私は未だ1000円の英世さんに会っていません。
この本を英世さんで買うとドウナルデショウ?


樋口一葉と十三人の男たち

いいタイトルですね。
いかにも○★△■な感じで。
私は未だ5000円の一葉さんを触っていません。


座右の諭吉 才能より決断

あー、斉藤さんは座右書をシリーズ化するのかぁ。
座右のゲーテだけでいいのになぁ。
でも、パラパラ読んでみたけど、諭吉の本の読み方が2パターンあって
斉藤さんも同じ方法をしていたんだって。
書いてある内容を「技化」して自分の血肉にする本と
単に情報を取得するための本 2つあり
前者はじっくりと何度も読み返し、
後者は1冊30分ぐらいでこなせと。

フォトリーして前者も30分でこなせれば最高だよね! 頑張ろうっと。

最近読んだマンガ


20世紀少年―本格科学冒険漫画 (17)

なかなか終わらないねぇ。
聖母はどうやって降臨したんだろ…


蟲師 (5)

世の中の不思議な現象はこの「蟲」が起こしている。
その蟲を退治、捕獲するのが蟲師。
悲しい話の中にもあったかい心があります。


Q.E.D-証明終了- 19 (19)

ミステリーです。
MIT卒業した天才・燈馬君と行動力抜群健康優良女子校生・水原さんが
いろんな事件に足を突っ込む。


ブラックジャックによろしく 10 精神科編 2 (10)

ドラマにもなったマンガです。
重いです。
ただ、今回の話は分かる部分も無きにしも非ず。
そうとう病んでますな、オイラも。


よつばと! (2)

ま、いろいろ小難しい話やら思い話の後は
よつばとで和んで笑って寝てしまえば
すっきりしますよ。

11月3日までやっていたのをすっかり忘れてました。
http://www.book-kanda.or.jp/news/2004/

さっき少しだけ覗いてきたけど
平日とあって出店は少なかった。
明日はすずらん通りに沢山並ぶかな?

ブックマークに登録

このアーカイブについて

このページには、2004年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2004年10月です。

次のアーカイブは2004年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。