Home > セミナー > State of the Web 2009 に行ってきた

State of the Web 2009 に行ってきた

先週の木曜日にアップル銀座であったセミナー。

前半は欧米のweb制作会社へのアンケート結果を発表。

2008年12月に調査。
開発系48.5% デザイン系33% で
会社の規模も フリーから500人以上の大企業まで
結構偏りなく調査されてる。

メインのブラウザは FF3 60% / safari3 20%
確認ブラウザは FF3 IE7 safari3 IE6 iphone

w3c標準+IE 対応したcssを書く人が 76%

css3 は 22% の人が使うって(いまならもう少しUPしてるかも)

javascriptフレームワークで人気なのは
jQuery 62% prototype 23%

その他プラグイン系は
Flash 61%  QuickTime 20% silverlight 2%

バックエンド系技術で使っているのは
LAMP 60% Mysql 70%
php 63% perl 8%

まとめると
 「世界標準を常に意識してウォッチしつづけろ!」
ってことでしょう。

今後来るだろう技術として
 HTML5 CSS3 SVG canvas 
 @font-faceで、サーバー上に用意したフォントを表示
だって。

後半は、パネルディスカッション。

マイクロソフト/春日井さん
アドビ/太田さん、轟さん
ミツエーリンクス/矢倉さん
John Allsopp
クラウド/長谷川さん

アンケート結果でも、IEがぼろくそに扱われていたのを受けて
春日井さんへの突っ込みが多かったかな。
IE6が広まりすぎちゃって、業務の基盤になっていて
なかなかIE8などにアップグレードできない現状は
当分続くだろうと。。。

あと、アメリカでのネットワーク中立性(Network Neutrality)についてや
日本の第二日テレみたいな動画サイトのインフラ費問題は
今後、利用者への負担増があるかもねー。(私見)

Home > セミナー > State of the Web 2009 に行ってきた

Search
Feeds
Contact
  • advice@shakehand.jp

Return to page top