映画

やっとみれた。
アナキンが堕ちていく姿。
パドメが悲しみにくれる姿。
ヨーダがかっこよく剣を振るう姿。
R2D2が妙にボケかましながら皆をたすける姿。
戦闘シーン、戦艦シーンはいわずもがなのCG処理。
オープニングの曲を聴くだけで、なんだか泣けてくる。

あの憎たらしくて 怖いダースベイダーが
今になると悲しいぐらい愛おしい。
早く彼を助けてあげて。

http://www.terminal-movie.jp/トム・ハンクスが空港に閉じ込められてしまう映画。
クラコロジアの内戦によって入国も出国も出来ない状態に。
ターミナルで暮らすようになる。
泊まるところは?食事はどうするの?言葉はしゃべれるの?
仕事は?出国はいつ?
そもそもなんでNYに来たの?と
いろいろと疑問は沸いてきますが
そこはトム。
ずーと入国できるのを待っています。
ピーナツ缶の中身があんなものだとは
ぜんぜん考えもしなかったなぁ。

なんともなしに借りて見たのだが
やっぱりというか、今の心情とリンクするものだね。
トトの可愛らしい狡賢さ、エレナの青い瞳に魅入られる。
過ぎ去った時を求めても後悔ばかりが心にあふれる。
最後のシーンで涙を流すも
心の奥底に残る記憶までは流れなかった…


ニュー・シネマ・パラダイス 完全オリジナル版

オフィシャルサイト|2002年ヴェネチア国際映画祭特別招待作品
天才振付家モーリス・ベジャール。
彼の舞台「リュミエール」公演初日までの半年間を追いかけたドキュメンタリー作品。

バレエの振付けが生まれる瞬間。
役者達の真剣な演技と練習風景が重なり合う。
野外舞台でのハプニングにもめげずに
「リュミエール=光」を求める彼の前に
万雷の拍手が沸き起こる。

たまたま恵比寿に用事があり、暇つぶしに見た。
でも、太っちょなオジサンの真剣な姿に
NHKのプロジェクトXを思い出したのは
なんだか不思議。

あと、ボレロは実際に見てみたいかも。

の影響が大きいとは思うが…

月曜日のことなんだけど
J-WAVEが主催した試写会に当たって(当選確率17倍だって)
DEEP BLUEを見たよ。
海に関してのドキュメント映画です。
wataridoriみたいなやつ。

シャチがアシカの子供を襲ったり
カニさんがうじゃうじゃとダンス&ダッシュしたり
5000mの深海に棲む なぞの生物達…
コウテイペンギンのユーモラスな行進あり、
クジラの親子とシャチ軍団のデットヒート。
アホウドリが海の中でどうやって泳ぐか知ってる?

広い広い海の中ではこんなドラマが繰り返される。

21グラム

一生懸命に改心したのになんであの男は救われないのか?
心臓提供を受け命を救われた男の心は、本当に安らぎを得たのか?
夫を失った女性の前に現れたのは…

ブックマークに登録

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち映画カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはモブログです。

次のカテゴリはです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。